Hornet class

(上級)(技能資格証明あり)

Lecture content
講義内容(現在準備中)

目視外飛行 夜間飛行 物品の投下(農薬散布には必要な技能) GsProを使った自動飛行

  • 自動操縦システムの構造と確認事項
  • 操作方法 (GSPro MissionPlannner)実際に機体や設定画面を見ながらの講習
  • 物件の投下、目視外飛行 人または家屋の密集、あるいは30mの距離が保てない場合の許可申請
  • 飛行について

実技講習

自動操縦システムにおいて適切に飛行経路が設定できること。
自動操縦システムによる飛行中に不具合が発生した際に、無人航空機を安全に着陸させられるよう、適切に操作介入ができること。なお操作介入が遠隔操作による場合。

飛行形態に応じた操縦能力

  1. 人または家屋の密集している地域の上空における飛行
    地上または水上の人または物件との間に30mの距離が保てない飛行
    多数の者の集合する催し場所の上空における飛行および 危険物の輸送に係る飛行の場合
    • 意図した飛行経路を維持しながら無人航空機を飛行させるための能力
    • 対面飛行によって水平面内での飛行を円滑に実施できる能力。
    • 8の字飛行を5回連続して安定して行うことができる能力。
  2. 夜間飛行の場合
    • 夜間意図した飛行経路を維持しながら無人航空機を飛行させる能力
  3. 目視外飛行の場合
    • モニターを見ながら遠隔操作により意図した飛行経路を維持しながら無人航空機を飛行させることができること及び飛行経路周辺において安全に着陸させることができる能力
  4. 物件投下に係る飛行の場合
    • 物件の搭載による重量などに対して機体の安定を保持でき、また投下場所へ正確に機体を操作し、物件の投下の前後で安定した機体の姿勢制御ができる能力
  5. 飛行形態に応じて必要な安全確保の体制を実施できる能力

About
概要

受講料
現在準備中 円
受講日時
現在準備中
貸し切り対応
企業様向けに、貸し切り指導も対応いたします。お問合せ下さい。

ドローンスクールについて、お申込み、ご相談はお気軽にどうぞ

電話での無料お問い合せはこちらからどうぞ
090-8946-3794
受付時間 9:00~17:00
メールでの、無料お問い合せはこちらからどうぞ(24時間受付)
お問い合せはこちら(無料)